トレンド情報サイト:ムーブメント    
   
  メイン・インデックス
トレンド・ニュース#22
Location / Home > Trend News vol.22
 
 
サイトマップ
 
ファッション
ミュージック
 
アート
ブック
 
エトセトラ
 
ポスト
メール
 
お勧めサイト
 
ブログ
 
 

 

2006-05-16

HELMUT LANGHabitua

ヘルムート・ラング / HELMUT LANG

 

PRADAから「ヘルムート・ラング」を買収したリンク・セオリー・
ホールディングスは新しいクリエイティブ・ディレクターとして
Habitual」を創立したMichael Colovos、 Nicole Colovos夫妻
を起用すると発表。

Colovos夫妻が最初に手掛けるコレクションはニューヨーク・
コレクションの時期に発表される予定ですがキャットウォーク
つまり、ショーはまだ行われない模様、というかニュアンス的
には出来ないようです。

「Habitual」ってデニム・ブランドですよね?確かにデニムに
関しては評価を得ているようですが、だからといってクリエイテ
ィブなブランドとして知られる「ヘルムート・ラング」を継承できる
出来るんでしょうか?ちょっと、この人選には疑問を感じます。

やっぱりこれまでの経過を見ていると、買収の段階から問題が
あったように思えてなりません。「ヘルムート・ラング」はラングが
デザインしてこそ意味のあるブランだと思います。


2006-05-15

JFAdunhill

ジョルジオ・アルマーニ / Giorgio Armani

 

アルマーニデザインのイングランド代表チーム・オフィシャルスー
ツを見たイングランドのエリクソン監督は「ドイツワールドカップで
我々はベストドレッサーチームになるだろう」とコメント。

アルマーニは2004年のヨーロッパ選手権でもイングランドチーム
のスーツを手がけたが、ワールドカップでイングランドが外国人
デザイナーのスーツを着るのは初めてのこと。

イギリスでは一部に、オズワルド・ボーティングらイギリスのデザイ
ナーもたくさんいるのに、なぜイタリア人の服を代表チームが着る
んだという声もあるようです。

ちなみにイタリア代表はドルチェ&ガッバーナ・デザインのスーツ
を着用。

Fashion Street

そう考えると日本代表の「dunhill」(ダンヒル)はちょっとイメージ
的に地味目ですよね。イギリスの世論じゃないですが日本代表
のオフィシャル・スーツは日本が世界に誇れるデザイナーである
コム・デ・ギャルソンの川久保さんや渡辺淳弥さんなどにお願い
できないですかね〜、って受けてくれるわけないか...

予断ですがワールドカップ・日本代表の発表が本日ありました。
ジーコの言うサプライズは久保を落として巻を選出することだっ
たんですね。

ほとんどは納得できるメンバーの選出だと思いますが、松井の
落選はちょっと納得いきません。個人的には代表の左サイドは
海外できっちり実績を出している松井だと思うんですが。


2006-05-13

iPhone

iPhone / Apple / SoftBank

 

ソフトバンク、アップルと携帯で提携
NIKKEI NET

ついに、やっと出るんですか?「iPhone」。
もう気分は、こんな感じです!(上段のグラフィック)

もちろんこれは架空の画像で「Apple新種林檎研究所」サンの
サイトで紹介されているもの。それにしてもすばらしいデザイン
です!このまま採用して欲しいぐらい、これだったら即買いです。

あくまで確認ですが、デザインはAppleのプロダクト・デザイン・
チームが担当ですよね?ライセンスだけの提携で、デザインは
そちらでどうぞっていうのは無しですよ!まあジョブスにそんな
心配は必要ないですね。

あ〜、それにしても楽しみです。


2006-05-13

VIKTOR & ROLFVIKTOR & ROLF Logo

ヴィクター&ロルフ / H&M
VIKTOR & ROLF / H&M

 

「H&M」が2006年のコラボレーションの相手に選んだデザイナー
はなんと「ヴィクター&ロルフ」!てっきり今回は「PRADA」で決ま
だと思っていたので何とも驚きです。

H&Mのデザイン担当の責任者Margareta van den Boschは「我々
は彼らのユニークな手方と芸術的な才能をすばらしいと思います。
ヴィクターとロルフは本当に賞賛に値するデザイナーです」とコメ
ント。

2004年のカール・ラガーフェルド、2005年のステラ・マッカートニー
と続いた「H&M」の一流デザイナーとのコラボレーション。
前回のステラの時にはなかったメンズラインも今回は展開するよう
なのでかなり気になります。ただ残念なことに未だに日本での販売
ルートが確立していません。プライスゾーンもこれまで同様のH&M
価格に設定だとか。「ヴィクター&ロルフ」デザインのウェアがチープ
な値段で買えるのなら、かなり欲しい!


2006-05-12

キム・ウィンザー / Kim WinserValerie Wickes

アクアスキュータム / キム・ウィンザー
Aquascutum / Kim Winser


イギリスの老舗ブランド「アクアスキュータム」の新社長兼CEO
に就任したプリングル前CEOのキム・ウィンザー
が「プリングル
の時にも起用したロンドンに拠点を置くブランドコンサルティン
グ会社「VIEW」のクリエイティブディレクターのValerie Wickes
とまたもやコラボレーションすること発表。

「アクアスキュータム」の変革にValerie Wickesによる広告戦略
が必須とキム・ウィンザーは考えているようですね。「プリングル」
での実績を考えるとそれも当然。この注目される新キャンペーン
は2006〜2007年秋冬にスタートし、7月から雑誌や屋外の巨大
広告板で見ることが出来そうです。


2006-05-08

COMME des GARCONS Guerrilla Store

コム・デ・ ギャルソン・ゲリラ・ストア

COMME des GARCONS Guerrilla Store

 

コム・デ・ギャルソンの期間限定ショップ(ゲリラ・ショップ)が
5月下旬にスコットランドのグラスゴーで倉庫だった場所に
1年間の期間限定でオープンするようです。

東京で渡辺淳弥氏がプロデュースした「ハッピー・アーミー・
ショップ」をオープンし、それ以降はベルリン、バルセロナで
セレクトショップ・コレットとのコラボレーション・ショップを展開
してきましたが、今回はこれまでの「コレット・ミーツ・コム・デ・
ギャルソン」のゲリラ・ストアとは内容が違うのでしょうか?

いずれにしろ、今後もシンガポール、ストックホルム、ヘルシ
ンキと、この実験的ショップは続く予定という事。世界的規模
でこのようなアート感覚も合わせもった試みが出来るブランド
は限られています。今後もコム・デ・ギャルソンの動向からは
目が離せません。


2006-05-02

ムーヴ・バイ・ユアセルフ ムーヴ・バイ・ユアセルフ
ドノヴァン・フランケンレイター




Amazonで詳しく見る


フロリダのビーチサイドでレコーディングされ、ガラパゴス・サーフ
トリップの後にマスタリングされた音は、ドノヴァンの放つ自由、愛
と平和に満ち溢れたヴァイヴレーションを増幅しつつも、世界中を
ツアーして進化したサウンドは、よりファンキーでグルーヴィーに
変化を遂げた!

サーフィンも音楽も常に自分に正直に、やりたい事に挑戦しつづ
けてきたドノヴァン。その彼の強い意志がアルバム・タイトルとタイ
トル・トラックである『ムーヴ・バイ・ユアセルフ』に示されている。

バンドと共に奏でるバラエティーに富んだ調べは、時にチューブ
を巻き、時にやさしい・・・それは永遠に終らない波のリズム。

この2年間、ライヴを通じてアコースティックのソロ・シンガーソング
ライターから、バンド・サウンドをバックに演奏するミュージシャン
へと成長したドノヴァン。本作は彼の成長ぶりが伝わる内容である
が、その根底にはドノヴァンの自然、人間、あらゆるものへの深く
て暖かい愛情が溢れるものばかりだ。この愛情あるグルーヴ感は、
前作と同様である。だから結局じっくり聴いていると、音質は進化
したものの、本質つまり彼のハートウォーミングな世界観は不変で
あることに気づく。

松永尚久 ライナーノーツより


実はアルバムタイトルである「Move By Yourself」以外は満足に
聞けていません... ただこの曲を聴く限りでは前作の「Donavon
Frankenreiter」と同様にサーフミュージックの王道と言っていい
のでは?

レーベルをジャック・ジョンソン・ファミリーのブラッシュファイヤー
からLost Highwayへ移ったと聞いていたので何か変化があるの
では?とちょっと別の期待もしていたのですが。


2006-05-01

レンツォ・ロッソ / Renzo Rosso

ディーゼル / DIESEL
レンツォ・ロッソ / Renzo Rosso

 

「ディーゼル」創始者のレンツォ・ロッソ氏が来日。

都内でショーを開き、翌日には滞在時間40時間そこそこで
プライベートジェット機で、イタリアへ帰ったそうですが。

YOMIURI ONLINE


ディーゼル / DIESEL

1985年レンツォ氏がディーゼルの完全な管理権を握りブランド
の独占権を獲得した後は公式サイトのプロフィールにあるよう
に本当に驚異的な成長と拡大を遂げましたね。正直化けたと
いう印象があります。

現在ファンション系の企業の中ではトップクラスの広告戦略や
「メゾン・マルタン・マルジェラ」の過半数株主となるなど今後も
クリエイティブなアプローチ、仕掛けが楽しみです。


2006-04-28

ネイブ / NAVE

ネイブ / オンワード樫山
NAVE / ONWARD


オンワード樫山がプロデュースするコラボレーションブランド
「NAVE」が今年の春から日本と米国で同時展開するという
ニュースは以前お伝えしましたが、メンズラインの展開時期
今秋になりそうです。

商品構成は、シーズンテーマをもとに、コレクションラインの
「NAVE GOLD」、日本企画ライン 「NAVE」、コラボレーション
企画ライン「NAVE COLLABO」の3つのラインで構成、NAVE
ブランドとしてトータルスタイリングを提案する。

'06年秋冬のコラボレーションデザイナーは、衣料品で欧米
の12名と契約し、各デザイナーが最も強みとするアイテムを
デザイン。雑貨は、世界で活躍するデザイナー10名前後と
契約、付加価値の高い雑貨の商品展開を行う。

昨年から注目しているのでとても期待しているのですが、どうも
メディアでの露出が少ないように思えるのですが...コアな客層
はともかく、一般客への浸透はもう少し時間がかかりそうですね。


 

 

Trend News vol.21


 
Google
Web movement.cc

 
 
 
Logo_blue_120x60 
Apple Store 
iTunes_logowl_120-65.gif 
Sony Style(ソニースタイル) 
デル株式会社 
YOOX.COM(ユークス) イタリア発ヨーロッパNo.1オンラインセレクトショップ 
世界標準のブログソフトウェア「Movable Type」発売中
センプレ
バナー
ブランドロゴ2
nextmaruni_2
basic_white_logo01 
BOSEショップオンライン 
ZOZOTOWN(ゾゾタウン) 
 
 

サイトマップ ホーム ファッション ミュージック アート ブック エトセトラ
ポスト メール お勧めサイト ブログ
シルバーアクセサリー

  top
 
       
    Copyright © 2005 MOVEMENT™ All Right Reserved.