トレンド情報サイト:ムーブメント    
   
  メイン・インデックス
ミュージック
Location / Home > Music News vol.6
 
 
サイトマップ
 
ファッション
 
アート
ブック
 
エトセトラ
 
ポスト
メール
 
お勧めサイト
 
ブログ
 
 

 

2006-03-03

Little Willies

リトル・ウィリーズ
リトル・ウィリーズ

The Little Willies
The Little Willies



曲名リスト
1. Roly Poly
2. I'll Never Get Out of This World Alive
3. Love Me
4. It's Not You It's Me
5. Best of All Possible Worlds
6. No Place To Fall
7. Roll On
8. Gotta Get Drunk
9. Streets of Baltimore
10. Easy As The Rain
11. Tennessee Stud
12. Night Life
13. Lou Reed

Amazonで詳しく見る

ノラ・ジョーンズ / リトル・ウィリーズ

そもそもは、2003年にそれぞれ独自のプロジェクトに関わっていた
5人の仲間たちが、ニューヨークのロウワー・イースト・サイドにある
ライヴ・ハウス “リビング・ルーム”で一夜限りのライヴを行い、すぐ
さま互いに深い音楽性を共有していることを知ったことがきっかけ。
カリフォルニア、マサチューセッツ、テキサス、デラウェアと出身地
は様々なものの、リトル・ウィリーズのメンバー全員が、ハンク・ウィ
リアムス、ウィリー・ネルソン、タウンズ・ヴァン・ザント、クリス・クリス
トファーソンをはじめとした数多くの古き良きアメリカン・ミュージック
にルーツのある音楽を聴いて育っていた。

メンバーはリー・アレキサンダー(ベース)、ジム・カンピロンゴ(エレ
キ・ギター)、ノラ・ジョーンズ(ピアノ、ヴォーカル)、リチャード・ジュ
リアン(ギター、ヴォーカル)、ダン・ライザー(ドラム)で構成される。
内容はフレッド・ローズやウィリー・ネルソンのノリの良いウエスタン
・スイングから切れ味のあるクリス・クリストファーソンやタウンズ・ヴァ
ン・ザントのカヴァー曲、オリジナル曲に至るまでを収録している。

その後2年間、リトル・ウィリーズはメンバーがニューヨークにいる時
には必ずリビング・ルームで演奏を続けていた。その過程でオリジ
ナル曲も数曲加わることになった。グループは当初、ライヴ・アルバ
ムを予定していたものの、ノラ・ジョーンズとリー・アレキサンダーが自
らのホーム・スタジオで演奏を仕上げたことから、レコーディング・セッ
ションをすることを決意。

こうして完成したアルバムは、ノラ・ジョーンズとリチャード・ジュリアン
の気品あるヴォーカルからジム・カンピロンゴの奏でるギターの強烈
な楽節といったリトル・ウィリーズの核となる強みを押し出しつつ、開放
的でリトル・ウィリーズがライヴで経験したバー・バンドとしてのスピリット
を生かした仕上がりとなっている。

ノラ・ジョーンズのオリジナル・アルバムではありませんが彼女の新作
が聞けることには変わりありません。優しくて心地よいだけでなく力強
さも兼ねそなえた内容で、また違った彼女の魅力を引き出しています。
ちょっとノラ・ジョーンズは甘すぎて...とこれまで感じていた人にも十分
聞き込んでもらえるアルバムに仕上がっています。お勧め!


2006-03-01

ウォーター&ボーンズ(初回) ウォーター&ボーンズ
テッド・レノン


Warter And Bones
Ted Lennon



曲名リスト
1. ウォーター&ボーンズ
2. フェイス・アップ
3. ノー・マネー
4. ヒア・カムズ・ヘヴン
5. スティル・ウェイティング
6. アイム・セルフィッシュ
7. ハヴ・マーシー
8. ナシンズ・チェインジド
9. ジーザス・アンダーウォーター
10. マギーズ・グランマ
11. フェイス・アップ(ライヴ・ウィズ・ジャック・ジョンソン)

Amazonで詳しく見る


あのジャック・ジョンソンと学生時代からの友達で、一緒にサーフ
ィンをしたり、共同で小さなコンサートをひらいていたというテッド・
レノンのデビューアルバム。

今回のアルバムは輸入盤ミニ・アルバムの8曲に、ジャック・ジョン
ソンとのライヴ共演曲を含む3曲を加えたフル・アルバム仕様。
さらに今回のリリースに際し全曲リマスタリングし、アートワークも
ジャック・ジョンソンの一連の作品を手掛けるデザイナー(Dave
Lively)により新装。

エルヴィス・コステロが認めた「歌声」─
NYで暮らしていたとき、エルヴィス・コステロにソーホーでばったり
出会いその場で、前の晩に友達のスタジオでレコーディングした曲
(‘I Want A Pony’という未発表曲)を聴いてもらう。コステロは「これ
は君が歌っているの?」と確認したあと「声が素晴らしい」と賞賛、その
あとサウンド・プロダクションに関して丁寧にアドヴァイスもしてくれた
という。

かのジョン・レノンと遠い親戚関係─
ジョン・レノンとも遠い親戚関係にある。レノンという名前の出自は
アイルランドのコーク州ゴールウェイ海岸にあり遠縁に当たるという。
UNIVERSAL MUSIC

ジャック・ジョンソンをもう少し優しく、ゆる〜くしたような感じでかな
り気持ちのいいサウンドです。ナチュラルでレイドバックした曲作り
はまさに「サーフ・ミュージック」!これから夏に向けて手放せない
アルバムです。



2006-02-20

Both Sides of the Gun (Spkg)

Both Sides of the Gun
Ben Harper

ボウス・サイズ・オブ・ザ・ガン
ベン・ハーパー



曲名リスト
1. Morning Yearning
2. Waiting For You
3. Picture In A Frame
4. Never Leave Lonely Alone
5. Sweet Nothing Serenade
6. Reason To Mourn
7. More Than Sorry
8. Cryin’ Won’t Help You Now
9. Happy Everafter In Your Eyes

1. Better Way
2. Both Sides Of The Gun
3. Engraved Invitation
4. Black Rain
5. Gather ‘Round The Stone
6. Please Don’t Talk About Murder While I’m Eating
7. Get It Like You Like It
8. The Way You Found Me
9. Serve Your Soul

1. Gather ‘Round The Stone (Alternate Version Mix)
2. Reason To Mourn (Alternate Mix)
3. Get It Like You Like It (Live Acoustic)
4. Waiting For You (Alternate Mix)
5. Morning Yearning (Alternate Mix)
6. Beloved One (Live)

Amazonで詳しく見る

2004年の"Blind Boys of Alabama"との共演作に続くベン・ハーパー
待望の7作目となるスタジオ録音の最新アルバム。

タイトルトラックにもなっている「Both Sides of The Gun」は70sテイスト
のファンクやソウル・サウンドであり、またハリケーン・カトリーナについ
て歌った“Black Rain”や自身が究極のウェディングソングと話す
「Happily Ever After in Your Eyes」、パワーバラード作「Picture in a
Frame」、ロマンティックで本人曰く究極のウェディングソングと称して
いる「Happily Ever After in Your Eyes」といった曲が収録されている。

最近ではサーフ系ミュージックの話題が多く、あれほどよく聞いていた
ベン・ハーパーもちょっとご無沙汰でした。
前作のゴスペル界の大物、ザ・ブラインド・ボーイズ・オブ・アラバマと
共演した「There Will Be A Light」は秀逸ともいえる出来ばえでしたが
なんといってもブラインド・ボーイズの存在が大きかった。

今回は1枚のディスクに収まる内容にも関わらず、作品の内容やトラック
の収まりを考慮して敢えて2枚組にするというベンのこだわりからも、
かなり期待がもてる内容に仕上がっているようです。


 

グラミー賞 / THE GRAMMY AWARDS第48回・グラミー賞
48TH THE GRAMMY AWARDS

 

 

 

 

第48回グラミー賞授賞式が行われ、グラミー賞各部門の受賞者が
発表されました。

下馬評では「アルバム・オブ・ザ・イヤー」をめぐってカニエ・ウエスト、
マライア・キャリー、U2の争いになるだろうと言われていたようですが
結果、U2が当賞を含む5冠を達成。

またマライアやカニエと並んで最多の8部門にノミネートされていた
ジョン・レジェンドが最優秀新人賞を含む3つの賞を獲得しています。

「ん?」と首を傾げたくなる受賞があるのは毎年の事ですがグリーン・
デイが「Boulevard of Broken Dreams」でレコード・オブ・ザ・イヤーに
選ばれたのはかなり不思議な感じがするのですが...

 

【第48回グラミー賞 主要部門受賞者】

レコード・オブ・ザ・イヤー:
「Boulevard of Broken Dreams」 -- グリーン・デイ

グリーン・デイ / Green Day

 

アルバム・オブ・ザ・イヤー:
『How to Dismantle an Atomic Bomb』 -- U2

U2

 

ソング・オブ・ザ・イヤー:
「Sometimes You Can't Make It On Your Own」 -- U2

最優秀新人賞:
ジョン・レジェンド

ジョン・レジェンド / John Legend

 

最優秀ロック・ソング賞:
「City Of Blinding Lights」 -- U2

最優秀ロック・アルバム賞:
『How To Dismantle An Atomic Bomb』 -- U2

最優秀ロック・パフォーマンス賞(デュオまたはグループ)
『Sometimes You Can't Make It On Your Own』 -- U2

最優秀ハード・ロック・パフォーマンス賞:
「B.Y.O.B.」 -- システム・オブ・ア・ダウン

最優秀ソロ・ロック・ヴォーカル・パフォーマンス賞:
「Devils & Dust」 -- ブルース・スプリングスティーン

最優秀オルタナティヴ・ミュージック・アルバム賞:
『Get Behind Me Satan』 -- ホワイト・ストライプス

最優秀メタル・パフォーマンス賞:
「Before I Forget」 -- スリップノット

最優秀ポップ・コラボレーション賞:
「Feel Good Inc.」 -- ゴリラズ Featuring デ・ラ・ソウル

最優秀ポップ・パフォーマンス賞(デュオまたはグループ):
「This Love」 -- マルーン5

最優秀女性ヴォーカル・パフォーマンス賞:
「Since U Been Gone」 -- ケリー・クラークソン

最優秀男性ポップ・ヴォーカル・パフォーマンス賞:
「From The Bottom Of My Heart」 -- スティーヴィー・ワンダー

最優秀ポップ・ヴォーカル・アルバム賞:
『Breakaway』 -- ケリー・クラークソン

最優秀R&Bアルバム賞:
『Get Lifted』 -- ジョン・レジェンド

最優秀コンテンポラリーR&Bアルバム賞:
『MIMI』 -- マライア・キャリー

最優秀R&Bパフォーマンス賞(デュオまたはグループ):
「So Amazing」 -- ビヨンセ&スティーヴィー・ワンダー

最優秀R&Bソング賞:
「We Belong Together」 - マライア・キャリー

最優秀女性R&Bヴォーカル・パフォーマンス賞:
「We Belong Together」 - マライア・キャリー

最優秀男性R&Bヴォーカル・パフォーマンス賞:
「Ordinary People」 -- ジョン・レジェンド

最優秀ラップ・アルバム賞
『Late Registration』 -- カニエ・ウェスト

最優秀ラップ・ソロ・パフォーマンス賞:
「Gold Digger」 -- カニエ・ウェスト

最優秀ラップ・パフォーマンス賞(デュオまたはグループ):
「Don't Phunk With My Heart」 -- ブラック・アイド・ピーズ

最優秀ラップ/歌唱コラボレーション賞:
「Numb/Encore」 -- ジェイ・Z Featuring リンキン・パーク

最優秀ラップ・ソング賞:
「Diamonds From Sierra Leone」 -- カニエ・ウェスト

最優秀長編ミュージック・ビデオ賞:
「No Direction Home」 -- ボブ・ディラン(ディレクター:マーティン・
スコセッシ)

最優秀短編ミュージック・ビデオ賞:
「Lose Control」 -- ミッシー・エリオット Featuring シアラ & ファット・
マン・スクープ(ディレクター:ミッシー・エリオット&デイヴ・マイヤーズ)


 

イギリス・アルバム・チャート
UK Albums Charts

 

最新英アルバム・チャートでアークティック・モンキーズの「Whatever
People Say I Am, That's What I'm Not」
が3週連続でトップをキープ。

ジェームス・ブラントの「Back To Bedlam」は先週の3位から一つ順位
を上げて2位にランクイン、本当に根強い人気があります。
ジェームス・ブラントの「Back To Bedlam」は先週の3位から一つ順位
を上げて2位にランクイン、本当に根強い人気があります。
先週2位だったリチャード・アシュクロフトの「Keys To The World」は
3位に後退した。

また今週に入ってベル&セバスチャンのニューアルバムアルバム
「The Life Pursuit」
が8位にランクインしています。


 

 

Music News vol.5

 

 
Google
Web movement.cc

 
 
 
Logo_blue_120x60 
Apple Store 
iTunes_logowl_120-65.gif 
Sony Style(ソニースタイル) 
デル株式会社 
YOOX.COM(ユークス) イタリア発ヨーロッパNo.1オンラインセレクトショップ 
世界標準のブログソフトウェア「Movable Type」発売中
センプレ
バナー
ブランドロゴ2
nextmaruni_2
basic_white_logo01 
BOSEショップオンライン 
ZOZOTOWN(ゾゾタウン) 
 
 

サイトマップ ホーム ファッション ミュージック アート ブック エトセトラ
ポスト メール お勧めサイト ブログ
シルバーアクセサリー

  top
 
       
    Copyright © 2005 MOVEMENT™ All Right Reserved.