トレンド情報サイト:ムーブメント    
   
  メイン・インデックス
ミュージック
Location / Home > Music News vol.5
 
 
サイトマップ
 
ファッション
ミュージック
 
アート
ブック
 
エトセトラ
 
ポスト
メール
 
お勧めサイト
 
ブログ
 
 


 

 

ジェームス・ブラント / James BluntChasing Time:Bedlam Sessions
James Blunt

チェイシング・タイム:ベッドラム・セッション
ジェームス・ブラント




Amazonで詳しく見る

 

 

2005年12月にアイルランドで行われた「Back To Bedlam」のツアー
で録音されたライブ・アルバムがリリース!

スタジオ録音された「Back To Bedlam」とは、また違った魅力が満載
のアルバムです。ファンの方は必聴でしょう。

短い記録的な短篇映画、写真ギャラリーとインタビューが収録された
DVD付きです。


The Life Pursuit The Life Pursuit
Belle & Sebastian


ライフ・パースート
ベル・アンド・セバスチャン


ベル・アンド・セバスチャンが約2年ぶり6枚目のアルバムをリリース!

今回は前作でのトレヴァー・ホーンに代わってトニー・ホッファーを
プロデューサーに起用。この人はベックのプロデューサーとしても
知られていますね。

ただプロデューサーが変わったからといってベル・セバの音楽は
本質的なところで変化はありません。何ともいえない独特なムード
やのびのびとした躍動感は健在で、ファンの方は必聴です!


Jukebox

ベント・ファブリック
ジュークボックス

Jukebox
Bent Fabric



曲名リスト
1. Jukebox
2. Everytime - featuring Peter Frodin
3. Keep On Rising - featuring Allan Vegenfeldt
4. It Feels Like Love - featuring Martin Brygmann
5. Shake
6. Just Be There For Me - featuring Nellie Ettison
7. Blowout
8. Haven't You Noticed
9. Relax Boy
10. Bam Boogie
11. Bridges
12. Shake
13. Jukebox
14. Alley Cat
15. Jukebox
16. Alley Cat

Amazonで詳しく見る

「フランク・シナトラ meets ファット・ボーイ・スリム」という帯がちょっと
"?"ですがアルバムタイトルである一曲目の「Jukebox」は本当に
素晴らしい!

81才というのがどこでも話題になっていますがこの人に対しては年の
事はタブーでしょう。あまり先入観を持たないで聞くのが礼儀と思える
ような内容ですね。

iTMSのプロモーション・ビデオは必見ですよ〜!


ホワットエヴァー・ピープル・セイ・アイ・アム、ザッツ・ホワット・アイム・ノット

ホワットエヴァー・ピープル・セイ・アイ・アム、ザッツ・ホワット・アイム・ノット
アークティック・モンキーズ

Whatever People Say I Am...
Arctic Monkeys


Amazonで詳しく見る

「ダウンロード世代の最初のロックスター」と呼ばれるアークティック・
モンキーズの1stアルバム。

もともとライブとネットでの口コミ、ダウンロードで話題となった彼らが
今や「I Bet You Look Good On The Dancefloor」が全英シングル・
チャート初登場第1位、ライブは常にソールド・アウトとちょっと半端で
ない人気を得ているようです。

これはアルバム・リリース前にして国内音楽メディアがこぞって大プッシュ
した事と所属レーベルがあのフランツ・フェルディナンドを輩出した事でも
知られ、UKで現在最も注目を集めている「DOMINO」という事も関係して
いるとは思いますがそれにしてもこの盛り上がりはちょっとすごいです。

現在、日本でもタワー・レコード、HMVなど大手レコードショップはどこも
アークティック・モンキーズ一色になっています。

最近ではオアシスと比較されることも多いと聞きますが正直、まだまだ
青いです、そんなことがリアムの耳に入ったらマジ切れされると思い
ますよ、ホント。でも勢いは感じますし、ちょっといいな〜って感じの曲
があるのは確か。これからも注目したいと思います。


Back to Bedlam Back to Bedlam
James Blunt / ジェームス ブラント

曲名リスト
1. High
2. You're Beautiful
3. Wisemen
4. Goodbye My Lover
5. Tears and Rain
6. Out of My Mind
7. So Long, Jimmy
8. Billy
9. Cry
10. No Bravery

Amazonで詳しく見る

イギリス・アルバム・チャートで、ジェームス・ブラントの「Back To
Bedlam」がまたもや1位に返り咲き、先週トップだったザ・ストロー
クス「First Impressions Of Earth」は2位に後退した。

日本でも現在、爆発的といっていいほど売れていますね。
当サイトで始めて紹介したのが昨年の7月ですから、イギリス国内
でもほぼ半年間売れ続けているということですよね。来日が4月に
予定されているみたいなのでこの感じではテレビでの放送も十分
ありえそう!楽しみです。


ジャック ジョンソン / キュリアス ジョージ


Jack Johnson / Curious George

ジャック・ジョンソン / キュリアス・ジョージ

 

1.Upside Down
2.Broken
3.People Watching
4.Wrong Turn
5.Talk of the Town
6.Jungle Gym
7.We're Going to Be Friends
8.Sharing Song
9.3 R'S
10.Lullaby
11.With My Own Two Hands
12.Questions
13.Supposed to Be

 

キュリアス ジョージ / Curious George

 

日本でも「おさるのジョージ」として長年親しまれている絵本
「キュリアス・ジョージ」がついに映画化!

そして映画のサウンドトラックを全面的に手掛けるのがなんと
ジャック・ジョンソン!今回は音楽のプロデュースだけでなく
キュリアス・ジョージ自身の“心の声”を“ジャック・ジョンソン・
サウンド”が担当、という事だそうです。

アルバムの内容はジャックの8曲の新曲に加え、G・ラヴやALO
などブラッシュファイアーのメンバーやベン・ハーパーとのコラボ
レーション、スコアで構成。

ジャックのニュー・アルバムと聞くだけでかなり楽しみだったんです
が今回はこれまでのサーフィンをベースにしたドキュメンタリー系
映画ではなく完全に子供向けのアニメ・「キュリアス・ジョージ」の
サントラです。ジョージの素朴なキャラクターとジャックのナチュラル
でピースフルな楽曲との組み合わせは相性抜群で、今回も期待に
十分応えてくれる内容に仕上がっています。


James Blunt / ジェームス ブラント



BRIT AWARD 2006

ブリット・アワーズ 2006

 

 

 

 

英国版グラミーともいえるブリット・アワーズのノミネートが発表
されました。やはりというか、当然というか今年はジェームス・
ブラントがカイザー・チーフスと共に最多の5部門(最優秀男性
ソロ・アーティスト、最優秀アルバム、最優秀新人、最優秀シン
グル)でノミネート。続いてコールドプレイが4部門、オアシスは
2部門でノミネートされた。

授賞式は2月15日にロンドンのアールズ・コートで行なわれる
そうです。日本でのテレビ放映は無いんでしょうか?WOWOW
で放映しないかな〜

ブリット・アワーズ主要部門のノミネート・アーティスト

<最優秀ブリティッシュ・秀男性アーティスト>
アントニー&ザ・ジョンソンズ
イアン・ブラウン
ジェームス・ブラント
ロビー・ウィリアムス
ウィル・ヤング

<最優秀ブリティッシュ・女性アーティスト>
シャーロット・チャーチ
ケイト・ブッシュ
ケイティ・メルア
KT・タンストール
ナターシャ・べディングフィールド

<最優秀ブリティッシュ・アルバム>
コールドプレイ『X&Y』
ゴリラズ『Demon Days』
ジェームス・ブラント『Back To Bedlam』
カイザー・チーフス『Employment』
ケイト・ブッシュ『Aerial』

<最優秀ブリティッシュ・シングル>
コールドプレイ「Spped Of Sound」
ジェームス・ブラント「You're Beautiful」
シェーン・ワード「That's My Goal」
シュガーベイブス「Push The Button」
トニー・クリスティ「(Is This The Way To )Amarillo」

<最優秀ブリティッシュ・グループ>
カイザー・チーフス
コールドプレイ
ハード・ファイ
フランツ・フェルディナンド
ゴリラズ

<最優秀ブリティッシュ・ロック・アクト>
フランツ・フェルディナンド
ハード・ファイ
カイザー・チーフス
カサビアン
オアシス

<最優秀ブリティッシュ・ライヴ・アクト>
オアシス
KT・タンストール
カイザー・チーフス
コールドプレイ
フランツ・フェルディナンド

<最優秀ブリティッシュ新人>
アークティック・モンキーズ
ジェームス・ブラント
カイザー・チーフス
KT・タンストール
マジック・ナンバーズ

<最優秀ブリティッシュ・アーバン・アクト>
クレイグ・デイヴィッド
ディジー・ラスカル
KANO
ラマー
ミズ・ダイナマイト

<最優秀ポップ・アクト>
ジェームス・ブラント
ケイティ・メルア
ケリー・クラークソン
マドンナ
ウエストライフ

<最優秀インターナショナル・グループ>
アーケイド・ファイア
ブラック・アイド・ピーズ
グリーン・デイ
U2
ホワイト・ストライプス

<最優秀インターナショナル男性アーティスト>
ベック
ブルース・スプリングスティーン
ジャック・ジョンソン
ジョン・レジェンド
カニエ・ウェスト

<最優秀インターナショナル女性アーティスト>
ビョーク
ケリー・クラークソン
マドンナ
マライア・キャリー
ミッシー・エリオット

<最優秀インターナショナル新人>
アーケイド・ファイア
ダニエル・ポウター
ジャック・ジョンソン
ジョン・レジェンド
プッシーキャット・ドールズ

<最優秀インターナショナル・アルバム>
アーケイド・ファイア『Funeral』
グリーン・デイ『American Idiot』
カニエ・ウェスト『Late Registration』
マドンナ『Confessions On A Dancefloor』
U2『How To Dismantle An Atomic Bomb』

<功労賞>
ポール・ウェラー


Music News vol.4

 

 
Google
Web movement.cc

 
 
 
Logo_blue_120x60 
Apple Store 
iTunes_logowl_120-65.gif 
Sony Style(ソニースタイル) 
デル株式会社 
YOOX.COM(ユークス) イタリア発ヨーロッパNo.1オンラインセレクトショップ 
世界標準のブログソフトウェア「Movable Type」発売中
センプレ
バナー
ブランドロゴ2
nextmaruni_2
basic_white_logo01 
BOSEショップオンライン 
ZOZOTOWN(ゾゾタウン) 
 
 

サイトマップ ホーム ファッション ミュージック アート ブック エトセトラ
ポスト メール お勧めサイト ブログ
シルバーアクセサリー

  top
 
       
    Copyright © 2005 MOVEMENT™ All Right Reserved.